会員規約
音楽熟成協会規約
第1章 総 則
(名称)
第1条 本会は日本音楽熟成協会と称する。
(事務所)
第2条 本協会は事務所を鳥取県米子市両三柳929番地に置く。
  1. 本協会は理事会の議決を経て、所要の地に従たる支部を置くことができる。
  2. 海外活動を目的とし、国際部を設ける。
第3条 本協会は、音楽熟成の研究と開発により、その成果を会員および一般に啓発・普及し、もって社会の健全な発展に寄与する事を目的とする。
(事業)
第4条 本協会は前条の目的を達成するために次の事業を行う。
  1. 音楽熟成の研究及びその効果的な利用方法の開発
  2. 音楽熟成の普及・啓発活動
  3. 音楽熟成についての講演会及び研修会の開催
  4. 商標の管理
  5. 支部活動の支援
  6. 音楽熟成に関する書籍、CD等の販売と配布
  7. 会員相互の親睦活動
  8. その他目的達成に必要な事業


第2章 会員等
(会員の資格)
第5条 本協会の会員となる資格を有するものは、本協会の趣旨に賛同した個人または企業・団体とし、理事会で承認されたものとする。
(加入)
第6条 本協会の会員は法人会員及び個人会員及び特別会員とする。
  1. 本協会に加入を希望するものは、加入申込書を理事長に提出し、理事会の承認を得なければならない
(脱退)
第7条 会員は次の事由により本協会を脱退する。
  1. 死亡または解散
  2. 会費を1年以上納入しないとき
  3. 除名
(除名)
第8条 理事長は会員が次の各号の一に該当するときは、理事会の議決によりこれを除名することが出来る。
この場合には本協会は、その理事会の10日前までにその会員に対して、その旨を書面をもって通知し、かつ理事会で弁明する機会を与えるものとする。
  1. 本協会の規約に違反したとき
  2. 会費の納入その他本協会に対する義務の履行を怠ったとき
  3. 本協会の目的に著しく反すると認められる行為のあったとき


第3章 役員等
(会費)
第9条 会員は毎年所定の会費を納入しなければならない。また、既納の会費はこれを返還しない。
  1. 正会員 年間 20,000円
  2. 個人会員 年間 3,000円
  3. 特別会員 年間 100,000円
(役員)
第10条 本協会に次の役員を置く。
  1. 会長 1名
  2. 理事長 1名
  3. 副理事長 10名以内
  4. 相談役 2名以内
  5. 専務理事 2名以内
  6. 常務理事 2名以内
  7. 理事 50名以内
  8. 監事 2名以内
(役員の専任)
第11条 理事および監事は、総会において会員のうちより選任する。
  1. 理事長、副理事長、専務理事、常務理事は理事会において、理事の中より互選する。
  2. 会長、顧問、相談役、監事については、理事長が指名により総会で承認する。
(役員の任期)
第12条 役員の任期は2年とする。ただし再任は妨げない。
  1. 補欠により就任した役員の任期は、前任者の残存期間とする。
(役員の職務)
第13条 会長は本協会の象徴的存在とし、会の発展に協力する。
  1. 理事長は本協会を代表し、会務を総理する。
  2. 副理事長は理事長を補佐し、理事長に事故ある時は、その職務を代理する。
  3. 専務理事は理事長、副理事長の業務を補佐する。
  4. 理事は理事会を組織し、会務を執行する。
  5. 監事は、財産状況、業務執行状況を監査し、理事会に出席して意見を述べることができる。
(顧問)
第14条 本協会に理事会の承認を得て、有識者のなかから顧問を置くことが出来る。
  1. 顧問は、本協会のあらゆる会合に出席することが出来る。但し、一切の表決権を有しない。
(職員)
第15条 本協会に職員若干名を置く。
  1. 職員は理事長が任免する。


第4章 総会及び理事会等
(総会)
第16条 本協会の総会は定時総会及び臨時総会とする。
  1. 定時総会は毎年7月に開催する。
  2. 臨時総会は理事会において必要と認められたときに開催する。
第17条 この規約において次の事項は総会の議決を得なければならない。
  イ、規約の変更
  ロ、事業計画及び収支予算
  ハ、事業報告、収支決算及び財産目録
  ニ、役員の選任
  ホ、その他理事会において必要と認めた事項
(総会の議長)
第18条 総会の議長は理事長が行う。
(総会の議決権)
第19条 会員は総会においては各1個の議決権を有する。
(総会の議決方法)
第20条 総会は会員総数の2分の1以上にあたる会員が出席しなければ開くことができない。
  1. 総会の議事は、出席者の過半数以上で決し、可否同数の時は、議長の決するところによる。
(書面または代理人による議決)
第21条 会員は書面または代理人により議決権を行使することができる。
(議事録)
第22条 総会の議事については、議事録を作成しなければならない。
  1. 議事録には総会において選出された議事録署名人1名を要する。
(理事会)
第23条 理事会は理事をもって構成する。
  1. 理事会は必要に応じて理事長が招集し、議長は理事長があたる。
  2. 理事会は理事の過半数が出席しなければ開くことができない。
(理事会の議決事項)
第24条 この規約において次の事項は理事会の議決を経なければならない。
  イ、総会の招集及び総会に付議すべき事項
  ロ、総会の議決した事項の執行に関すること
  ハ、諸規定の制定及び改廃に関すること
  ニ、その他、理事長が必要と認めること
(部会)
第25条 本協会に必要に応じて、理事会の議決を経て、種目別に部会を置くことができる。
  1. 部会はその事業状況に関し、理事会に報告するものとする。
  2. 部会の種類、組織及び運営に関する規定は理事会の承認を得て別に定める。
(支部)
第26条 本協会の目的を広範囲に普及するために、必要に応じて支部を設置する。
(支部の役員)
第27条 支部は、支部総会において、所属会員のなかから、代表幹事3名以内、副代表幹事若干名、幹事若干名を選出し、支部の業務を執行する。


第5章 会 計
(会計年度)
第28条 本協会の会計年度は毎年5月1日から翌年4月30日までとする。
(資産の構成)
第29条 本協会の資産は次に掲げるものをもって構成する。
  イ、会費
  ロ、加入金
  ハ、寄附金
  ニ、特別会費
  ホ、商標による収入
  ヘ、事業に伴う収入
  ト、その他の収入
(資産の管理)
第30条 本協会の資産は理事長が管理し、その方法は理事会において別に定める。
この規約は、平成15年7月10日から施行する。

日本音楽熟成協会
 ▲HOME 
 Copyright (C) 2003 ONGAKUJYUKUSEI . All Rights Reserved.